ブログ

リフォームヤマコーです!!(`・ω・´)ゞ 

2021.07.30

おはようございます(^-^)/

LINE@へのご登録はこちら
https://lin.ee/08WT1UV

本日は四条烏丸にある某会社さんのビルの屋上防水工事が完了しましたので、投稿させて頂きます♪

元は抑えコンクリートでこのビルが建って以来何もしておられないという事でしたので
少し前にご紹介させて頂いたエアコン入替工事と共に防水工事もご依頼頂きました!
ありがとうございました。

防水にも色々と種類があり、今回はシート防水を施工させて頂きました(^o^)/


何か床からにょきっと出ている物がありますね!

これは何だか分かりますか?
脱気筒といってシート内の湿気等を抜く為の物なんです(‘ω’)ノ
これがある事によってシートの膨れがなくなり、防水シートが長持ちするんです(^^♪

弊社公式インスタグラムもみてください(‘ω’)ノ

また更新させて頂きますね♫

 

わたし達は、お客様のお家を末永く安心・安全、何よりもより快適に住み続けて頂く

お手伝いをさせて頂いております!!

みなさんのお家をわたしたちと一緒に安心・安全・快適にしませんか??

 

 

リフォームヤマコーです!!(`・ω・´)ゞ 

2021.07.27

おはようございます(^-^)/

LINE@へのご登録はこちら
https://lin.ee/08WT1UV

本日は弊社チラシよりお問い合わせを頂きました。
山科区のM様邸にて玄関サッシをカバー工法させて頂きました(^o^)/

既存の玄関サッシは建てた頃からの物で劣化が進んでおりました!

 

カバー工法とは?
玄関サッシマイスターがお答えいたします!(^^♪

カバー工法による玄関ドアリフォームは
リフォーム前のドア枠を残して、
その上に、新しい枠を被せていく工事です♪

メリット
経済的
壁を壊さないので、費用が安く済みます。
リフォーム前のドア枠を取り外すには、
壁と床を壊す必要があります。
そうすると、
工事は、大工工事に、サッシ工事、外壁工事、クロス工事、タイル工事と多岐にわたってしまいます。
それに比べ、カバー工法による玄関ドアリフォームは
サッシ工事のみなので経済的です。

デメリット
下枠に段差が付く場合がある
下枠の立ち上がりが20ミリ未満ですと、
段差が付くことがあります。
逆に言えば、20ミリ以上あれば、
どのメーカーのリフォーム用玄関でも段差は付きません。
しかし、古いドアでは下枠の立ち上がりが小さい場合もございます。
この場合は室内側に、
段差緩和材を取り付けて、
つまづかないようにします。
リフォームヤマコーでは、
段差緩和材が必要になっても追加費用はいただいておりません。
また、
1ミリも段差をつけたくない!
という方には、リフォーム前のドア枠の下側のみを撤去して1㎜も段差をつけない工事も
させて頂きますよー(^o^)/

お客様の想いで採光が無いタイプの玄関サッシです(^^♪
電池式の電子錠が付いていて使い勝手は100点満点でした(‘ω’)ノ

弊社公式インスタグラムもみてください(‘ω’)ノ

また更新させて頂きますね♫

 

わたし達は、お客様のお家を末永く安心・安全、何よりもより快適に住み続けて頂く

お手伝いをさせて頂いております!!

みなさんのお家をわたしたちと一緒に安心・安全・快適にしませんか??

 

 

リフォームヤマコーです!!(`・ω・´)ゞ 

2021.07.23

おはようございます(^-^)/

LINE@へのご登録はこちら
https://lin.ee/08WT1UV

更新が滞っており申し訳ございません。
ありがたい事にお問合せが多くお仕事させて頂いております♫
祇園の某焼肉店さんの改装工事をさせて頂いております!

本日は少しだけ内装仕上げをご紹介させて頂きますね♪

弊社公式インスタグラムもみてください(‘ω’)ノ
個室のデザイン壁の写真です(^^♪
間接照明が良い雰囲気をかもちだしております!(^^)!
まもなく完工致しますので
その際は全貌をお見せ致しますので
楽しみにお待ちください(^o^)/

また更新させて頂きますね♫

 

わたし達は、お客様のお家を末永く安心・安全、何よりもより快適に住み続けて頂く

お手伝いをさせて頂いております!!

みなさんのお家をわたしたちと一緒に安心・安全・快適にしませんか??